イグちゃんの冒険
(漢字交じりのヴァージョンで内容は同じです。)



 イグちゃんは、ふーさんのおうちに住んでいるグリーンイグアナの女の子です。チクワとモモというふたりの妹とグリという弟の4匹兄弟で、毎日楽しく暮らしています。
 ふーさんはピアノの先生をしている女の人で、にゃあさんという男の人も一緒に暮らしていますが、いつもごはんをくれたり、日向ぼっこをさせてくれるのはふーさんなので、イグちゃんはふーさんが大好きなのです。
 今日は日曜日でふーさんも機嫌がよく、ごはんも豪華版のカボチャたくさんサラダなので、イグちゃんはとてもうれしくて元気一杯になって、「ねぇ、その木で私は遊びたいの〜どいて、どいて!」って、ついついチクワとケンカを始めてしまいました。イグアナは木に登ったり、木の間に潜ったり、木に頭を乗せてお昼寝するのが大好きなのです。「どいてって言っても、私だってこの木が好きなの。イヤ〜だよ。」って、チクワも負けていません。とうとう首の振り合いが始まりました。イグアナは怒ると首を振るんです。

2

 ふーさんは、天気のいい日曜なので、気持ちよくソファーに寝ころんで、珈琲を飲みながら本を読んでいましたが、イグちゃんとチクワちゃんがケンカを始めたので、「こらこら、仲良くしなきゃダメじゃない。」と言いながら起きあがりました。「ほら〜、グリとモモは仲良くごはんを食べているわよ、どうしてイグはすぐチクワにからむのよ〜。まったく!!そんなに首を振ってたら、脳味噌がグチャグチャになっておバカになるわよ!!」とイグちゃんを抱っこしながら言いました。チクワちゃんはイグちゃんが連れて行かれたのでホッとして、カボチャたくさんサラダを食べはじめました。
 ふーさんはテレビを見ているにゃあさんのところへ、イグちゃんを連れて行きました。「おいおい、またケンカしてふーさんに怒られたな、イグ。おまえは長い間一人っ子だったから、我が儘のきかん坊だもんなぁ。」と言いながら、イグちゃんの尻尾を軽く引っ張りました。イグアナは尻尾が弱点なので、触られるのは嫌いです。イグちゃんは、「イヤだ〜、しっぽ触らないでよ〜。だって、あの木が欲しかっただけなのに〜。もう!ふーさんもにゃあさんも嫌いだ〜。」と言いながら、ふーさんの腕を引っ掻いてトットコ逃げ出しました。イグアナの爪はとんがっているので、引っ掻かれると結構痛いのです。

チクワ


    

  つづき