イグちゃんのぼうけん    9
 イグアナは、ふだんはのんびりしていますが、ビックリしたり、にげだすときは、とってもはやくはしります。タッタカタータッタッタ・・・イグちゃんがとってもはやくはしったので、こどもたちはだれもイグちゃんをつかまえられませんでした。
 「あーこんなところでつかまちゃったら、まあちゃんちのあーさん、かーさんにみなみのしまへいくみちをおしえてもらえないわ。あぶない、あぶない・・・にんげんってすぐイグアナをつかまえようとするのかしら・・・みつからないように、きをつけてあるかなくちゃね。」トコトコトコトコ・・・イグちゃんは、みちのはしっこのくさにかくれるようにしてあるいていきます。グリーンイグアナのイグちゃんは、きみどりいろとちゃいろがまざったようなからだのいろなので、みちのはしっこをあるくと、あんまりめだたなくなります。「えーと、ふーさんちのベランダからは、まあちゃんちのマンションがよくみえていたけど、じめんをあるくとぜんぜんみえないし、たぶんこっちのほうこうでいいのよね。このパンやさんのかどをまがって、と・・・あっ、いたーい。」イグちゃんは、かどをまがったとたんにドッシーンと、なにかちゃいろいけむくじゃらにぶつかりました。

イグちゃんのぼうけん    10
 「おーい、きみどりのながーいしっぽのきみ、だいじょうぶ?あんまりみかけないへんなやつだねえ。きみってなにものなの?」それは、とてもおおきないぬでした。
 「へんなやつなんてしつれいねー。そっちこそ、けむくじゃらでへんじゃないの。」イグちゃんは、ちょっとおこってくびをふりながらいいました。
 ちゃいろのいぬは、「あれ、おこっちゃった?ごめん、ごめん、ぼくはまあちゃんのおばあちゃんちにすんでいるベイだよ。そういえば、まあちゃんから、ふーさんちにはしっぽのながーい、きみどりいろのイグアナが4ひきいるって、きいたことがあるよ。きみってもしかしたら、ふーさんちのイグちゃんじゃないの?」とやさしくいいました。
「なーんだ、まあちゃんのおばあちゃんちのいぬのことなら、わたしだってふーさんからきいたことがあるわ。えっと、たしか4ひきいるって・・・あなたがちゃいろのベイなら、あとの3びきはくろいでしょ?・・・・・ふーん、いぬってこんなにけむくじゃらで、おおきいんだ。」イグちゃんはベイがおおきいので、はじめはこわかったのですが、ベイがやさしそうだし、ふーさんとまあちゃんをしっているのでホッとしました。

チクワ



つづき